永久脱毛が体に悪い!?副作用やトラブルまとめ

永久脱毛は基本的に体に悪い作用はない!

永久脱毛を始めたいと考えた時、体に悪い影響があるのではないかと不安に感じる人は少なくありません。
皮膚ガンの心配をする人もいますが、施術に使うレーザーは赤外線に近く、病気等の副作用の心配はないと、日本医学脱毛協会も認めており、安心して施術を受ける事ができるようになっています。
ただ、施術後は毛穴の炎症や痒み等の肌トラブルが起きる可能性があります。
ですが、これらは一時的なもので、病気に繋がる程のものではありません。

永久脱毛による副作用

永久脱毛による副作用に関しては、レーザーの光が皮膚の両面から数ミリのところまでしか届かないため血管や内蔵などに影響を与えることはないため基本的には心配ありません。ただレーザーは黒い毛に反応するので、皮膚の弱い方は施術後に軽い炎症や赤みといったやけどのような症状が、一時的に表れる方もいます。稀に白く膿んだニキビのような毛膿炎の症状が現れる方もいます。他にも、肌が過剰に反応し、火傷のような症状も出る方もいます。これらに関しては、クリニックでの施術後に起こる一般的な症状と言えるので、副作用と言えるかどうかは微妙なところです。心配であれば、事前に施術を行うクリニックにてよく相談しておくことをお勧めします。

永久脱毛で汗が増える?

永久脱毛の施術を受けた後、汗を閣僚が多くなったという口コミを目にすることがあります。特にワキ汗について報告する口コミが多くなっています。ではこうした症状は本当に永久脱毛による副作用なのでしょうか。あるクリニックの院長によると、脱毛によって一時的に汗が増えたことに対して、あまりにも強く意識してしまうため勘違いが生じることがあるとのことです。いずれにしても、永久脱毛によってワキ汗が増えたりワキガになったりすることはないため、安心して施術を受けることができます。

永久脱毛で起こる肌トラブルとは?

永久脱毛と聞いて、悪いイメージを持つ方も多くいらっしゃることかと思います。永久脱毛とはレーザーで毛根にある毛を作り出している部分を熱で破壊して毛を生やす機能を止めていくことをいいます。永久脱毛をしたからといって、内臓に悪影響があったり皮膚ガンになってしまうといったことはありません。しかし、施術によっては肌トラブルを引き起こしてしまう可能性はあります。レーザー照射を行うので、熱で肌トラブルが起こってしまう場合もあります。脱毛するこもによって、肌が乾燥したり、お手入れした部分に赤みが出たり、軽い火傷をしてしまったりといった可能性もあります。なので、敏感肌の方やアトピー肌の方は施術を受ける前にカウンセリングで試してみて自分の肌で脱毛を行うことができるのか確認してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です